イギリスの高速鉄道、ユーロスターについて

 



【373形について】

ユーロスターの車両として使われているイギリス国鉄373形電車は、TGVTMSTとも呼ばれています。動力集中方式の高速鉄道車両であり、イギリスと英仏海峡トンネルを運行するためにTGVを小型化し、さらに改良したことが特徴的となっています。改良点を具体的に挙げると、イギリスと同じ非同期動力、そして、トンネル火災にも対応している耐火処理能力などがあります。

3首都編成は2両の動力車と2つの電動ボギーを含んだ全18量で構成されています。また、もう1つのロンドン北部編成では全14量で構成されており、こちらの方が車両が少ないという特徴を持っています。3首都編成は定員が788名で、ロンドン北部編成は定員が558名だということもそれを物語っているでしょう。また、1編成の中間を半分に分けたものとして構成されているため、非常時には英仏海峡トンネル内を半分の編成に切り離して走行することも可能です。火災が発生した場合も、片側に乗客を移して、もう片側を切り離すことも出来ます。

イギリス国鉄373形電車は、ユーロスターの車両として活躍しています。こちらはTGVを改良した車両となっており、半分に車両を切り離しても走行が出来るというのがポイントです。