イギリスの高速鉄道、ユーロスターについて

 



【輸送実績について】

ユーロスターの輸送実績は年によって変動します。例えば2007年は91.5%でした。運行開始の1994年以来、シェアを徐々に航空輸送から獲得していき、他の交通機関と比べても優位な立場を築いてます。それを示すようにロンドンからパリの運行期間では2007年で71%、ロンドンからブリュッセルの間では65%のシェアを獲得しており、これは運行開始から数えて過去最高の数字を記録しているものになります。

旅行数という面では2004年までに予想していた2140万人という旅客数には及ばず、730万人という実績に落ち着きました。なお、この予測は1996年にロンドン・アンド・コンティネンタル・レイルウェイズが立てたものです。この予測が外れたことにより、2010年までには年間1000万人という目標を立てましたが、これも叶わず、2012年には旅客者数が1000万人目前の990万人となっています。

ロードスターは輸送実績では高いシェアを持っていますが、旅客者数では、その予想を下回る結果になっています。しかし、他の交通機関と比べても高い利用率を誇っていることや、交通輸送よりも利便性が高いことから、これからも愛されていく交通機関となることが予想されます。